かけたお金の見返り分がないのか?ディフェンセラは?副作用は?

お肌をきれいにするにはどうしたらいいのか?

やつぎはやに次から次へと発売されていく基礎化粧品や美容品。

あなたはこれらの製品の成分を確認して購入していますか?

たぶんこれを見てるあなたはいろんな口コミであったり、奥まで浸透であったり。

美人女優が宣伝してるやつであったり、40代からのなんたらであったり。

いろんなふんわりとした、周りがそうしてるから。

理論的根拠の乏しい、ロジックの少ない選択をしてきたのかもしれません。

高価な商品も成分を見てみれば、ドンキやダイコクドラッグにあるような商品とほぼ変わらないケースもあります。

結構なお値段がするのに….????な話ですよね。

根拠もなく高いわけがない、多くの方がこの考え方に陥ります。

ですが、意味もなく高い場合もあるんですよ。

人気商品には麻薬のように人を引き付ける効果があります。

かけたお金の分、見返りを求めるなら、そういう考えも否定しません。

しかし、科学的にロジカルに考えるだけでより完全に美肌になることが可能です。

乾燥肌に悩むすべての方々へ

お肌には何もしなほうがいい。という説もあります。

この説はあながち間違いではないと思います。

かえって何か塗ることによってお肌の状態を悪化させることもあります。

皮膚科などで強力なお薬をつかったり、いろいろな商品に手を出しまくった結果。

副作用で肌環境や代謝能力に異常を喫してしまうこともあります。

きれいになりたい思いを利用して、必要のないものをあおる高額商品があとを絶ちません。

お医者さんが認めたなんたらの、本気で治したいだけでなんとかだの。

吹き出物が消えた?乾燥肌が解消された?

ネットではしょっちゅう見かけます。

化粧品をいくら塗りたくっても表皮にもにしか届きません。

真皮には届きません。

お肌は細胞間脂質と天然保湿因子、そして皮脂、この三つで保湿されています。

一番いいのはセラミドです。

角質細胞間脂質の隙間に入り込んで水分を逃げにくくします。

すっぽんのようにくらいついて、水分を逃がしません。

これを補給することによってお肌が潤い、お肌が荒れにくくなります。

美肌を保てるyぅになります。

お肌が荒れませんから結果的にお肌がきれいになります。

ただセラミドはお高い成分です。

そしてメーカーはセラミドが含まれている量は公表してません。

我々消費者はてさぎりでセラミドに付き合う現状です。

できるだけ高濃度にセラミドが入ってるものを使いたいです。

ここに投資できればスキンケア補給はそれだけでも十分といわれています。

ディフェンセラにはふんだんにセラミドが含まれています。

お肌の角層でバリアを作り、お肌の乾燥を防ぎます。

アトピーや敏感肌の方は先天的にセラミドが不足してるという説もあります。

積極的に補強したいポイントです。

副作用もなく、ディフェンセラはいつでもお飲みいただけます。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする